★釣れんレッド/爆釣戦隊釣れんジャ-★ 首都圏フィッシング徒然日記♥

多摩川 東京湾 相模湾を中心にしたアーバンフィッシング 釣歴45年の神通力をふざけて紹介(笑)

★大腸癌になって〜本気で人生と世界平和を考えた ①~命が亡くなるって?どういうこと?

f:id:Ke5mPO:20210113123834j:plain

 

 

コロナ禍の昨今、死者数もどんどん増えていっています。
犠牲になった皆様、心からお悔やみ申しあげます。

 

10日くらい前の記事でも少し触れましたが、わたくし「釣れんレッド、爆釣戦隊釣れんジャー」は秋に大腸癌を患い、ちょこっとだけ…あ、死ぬのかな?…って気分になり、釣りブログを少し止めて、「余命ブログ」記事メモをすでに書いていました(笑)

結果、「上行結腸癌 ステージ1」内視鏡手術で除去し一応完治という事になりました。
1年後に再検査ということで早急に命がとーのこーのということは、お陰様で大丈夫そうてす(^^)

 

それでも、この経験からいろんなことを感じ取って考えてみたわけで、今回から少しずつそういった事を書いていき皆様と少しでも共有しお役に立てればと思います。

先日書いた関連記事がこちらですー↓↓
読まなくても大丈夫ですが、参考までにどうぞ。

 

 

 まず、癌という診断でふと考えたのは


① 命が亡くなるということ
② 2人子供たちの今後の事
③ 治療費$の事

ですねー

その後で少しして


④ 命がとはなんぞや?
⑤ 人間とは?
⑥ 生物とは?
⑦ 地球とは?
⑧ 世界平和とは?

 

と段々と大きく広くアホな事を考えてみたもんです。

この中で今日はまず挨拶がてら①命が亡くなるということ、について少しお話しますね。

 


① 命が亡くなるということ

先日の関連記事にも少し書きましたが、わたくし、レッドは平素から「余命宣告されてもそんなに動じないと思う」というような事を喋っていましたが、「そんな事はいざとなったらないよー!」ってよく言われていました。
しかーーし、皆さん、産まれてきた以上、致死率100%なんですよ、残念ながら。
どんなに反論しても残念ながら、あなたも確実に死にます(笑)

ある日突然亡くなるか、どこかで「そろそろ終わる」を感じ取るかの違いはあれど確実に死にます。

あなたが「余命○年です」と今年中に告げられることは充分に有り得ます。
心理的に逃げたい気持ちはわかりますが残念ながら充分にあります。

 

それが分かった方が逆に今を精一杯生きれるという事に繋がるって書いてある本もありますね。
その通りだと思います。

 

自分の死が想像できないから、いつまでもありそうな気がなんとなくしてるからこそ、なんとなくダラダラ生きてしまっている方々、多数いらっしゃると思います。

「死にそうな目に会ってから人生変わった」という人がよくいますが、そういう事なんでしょう。
期限が具体的にわかるとシャキっとしますよね(笑)


制限がわかってたら、それまでどう生きますか?


一生懸命つくす?
自分のために時間をとる?
家族に尽くす?
愛してる人に尽くす?
むしろ、ダラダラ楽しむ?

 

答えは人それぞれで正解はないと思います。

 

レッドはきっと20歳前後から自分に悔いの無いようにやりたい事はやって、その都度いっぱい後悔して、その後悔を楽しんでここまでハチャメチャで辿り着いてます(笑)

語るとアホか?!って人生なのでそこはボカシながらですが……

癌って言われて、もしかして?ってなった時に自分が消えて亡くなる事には一切動揺はなかったですね。

 

人が亡くなるのは世の必然であり、地球のためでもあります ← 詳しくは次章で

本人が辛いのは消えて亡くなりたくないと思ってもがくから…かな?
なんて言うんだろう…… 辛い人は死ぬ前が辛い訳で死んじゃえば何もわからないんですよ。
「生まれ変わり」「輪廻転生」とかを信じてる人は別ですが……(笑)
また別の話になるのでいつの日か章をとりましょう(笑)

 

1番辛いのは遺されて生きている人ですね。
そう。人が亡くなってしまった時に1番可愛そうなのはその人を愛してきた家族なり恋人なりの遺された方々だと思うんです。

 

だからレッドの場合は、癌と言われた時、子供たち他…にどう伝えようかと……
きっと自分以上に動揺して暗くなっちゃうんだろうなって想像すると、結局なかなか伝えられませんでしたね。

2週間くらいは一切誰にも言わなかった。

f:id:Ke5mPO:20210113124720j:plain


、「いや、いずれわかるし、伝えた方がいいよなー」とか思いながら…少しずつ周りの人たちに……

反応は案の定のビックリでした(笑)


「レッドさん、平気そうに装ってたけど、ホントはショックで仕方ないんだよー」とか言ってたという噂も聞きましたが……全く自分自身そんな事ないんですけどね。

あなた達が心配なだけで……。

 

ただ、そんなに強くはないもんで、死ぬ事自体は、なんともない、というか、実際、消えた後だからわかんないからね……(笑)……でも、その直前に苦しんだり痛いの嫌だなーとかって思ってました(笑)

 

いろんな説があって、実際はそんなに苦しいもんじゃないとかね。
周りから見てると苦しそうなんだけど、生還した人たちから聞いてたらお花畑のようないい気分だったとか…

f:id:Ke5mPO:20210113124641j:plain


更には、経験したことのないようなものすごい快楽が訪れる説とかね♫
まさに「逝くぅーーー(・・;)!!」っ感じでしょうか?(笑)

だったら、きっとそうなるって方に賭けてみたいですねー(笑)
死ぬのも楽しみになってくる
\(-o-)/

そんなアホな事を考えて、一見窮地のレッドもリールにオイルを塗っていたもんでした。

 

 

なんだか暗い感じの記事っぽくなっちゃいましたが、決してそんなつもりではなく、普段何気に生活している人たちもたまにはこういうことを見つめたほうが人生ある意味シャキっとするのかなって思いです。

 

次回は「大腸癌」とはそもそもなんぞや?という事と今回、必死で調べた「がん保険」についてわかったことを少しだけおすそ分けしますね。

 

では、皆様、寒いですが、生きてるうちに良い釣りを。

あと何匹釣れるのか? わかりませんよー!(笑)

 

この続きはこちら↓ ↓